セフレ募集に必要な事

会うまでに心がけることとしてあげられる重要なポイントをいくつかお話したいと思います。
例をあげればキリがありませんが(笑)もっとも重要になってくるのは、相手に会いたいと思ってもらうことです。

他にも心がけてもらいたいことは沢山ありますが、この会いたいと思ってもらうことをベースに考えれば、大体は問題を解決できたと思ってもいいかもしれません。
とはいえ、会いたいと思われるのはそう簡単なことではありません。

それができれば出会い系で苦労することなどほとんどないでしょう。

では、どのようにして会いたいと思わせればいいのでしょうか?これは消去法で考えていった方がいいでしょう。

人によって喜ばれるポイントというものはだいぶ変わってきます。
あの人はこの台詞で落とせたからこの人にも…なんてことはまず成功しません。
ですが、逆の考え方として嫌がられることは大抵皆同じです。

好まれよう好まれようとするよりも、嫌われないようにしていれば自然と好まれる方向に向かっていくでしょう。

そもそも親近感というものは、共通の話題もさることながら、関わっている時間も関係してきます。
その間に貴方にマイナス要素が少なければ少ないほど、相手の中で勝手にいい人になっていきます。

もちろん、ただのいい人止まりでは意味がありませんが、好意があることをそれなりにほのめかしておけば、相手にもその気持ちを汲み取ってもらえると思いますし、好意を抱かれて嫌という人はそうはいません。
まずはマイナス要素を減らす。
このことに意識してみてはいかがでしょうか。

セフレ付き合いで注意すること

●OL系セフレには感情移入はNG

OL系女性の大半は将来的に結婚したいと考えています。割り切った関係としてセフレをはじめたとしても、何度も体を重ねている内に感情移入し、セックスだけの関係のつもりが結婚の話を持ち出されてピンチ!という話も少なくありません。

そんなOL系女性との危機的場面を避けるためにも、どれだけ夢中になってもある程度の距離をキープする必要があるでしょう。これがセフレと彼女との相違点なのです。

●OL系セフレからの誤解は確実に避ける

OL系女性とセフレ関係になる場合、OL系女性は結婚願望を抱いている方が少なくないので気をつけなければなりません。

男は相手の気持ちを盛り上げるために「好きだよ」なんて言ってしまう生き物なのですが、OL系女性とセフレになる場合は逆にはっきりとセフレ関係だという事を意識させるように付き合う必要があるのです。

また、女性という生き物は男性の何倍もの直感能力を持っているらしく、浅はかな嘘はすぐに見破ります。一度セフレとして交際をはじめた女性に、男はセックス以外のコミュニケーション、つまり何気ない話や趣味の話等をサボってしまう事が少なくありません。

それにも関わらず言葉だけで「好きだよ」や「愛してる」なんて告げても、それはセフレ関係に終止符を打つ方向に働く決めてになり得るのです。

OL系女性と良好なセフレ関係をキープするためには、セフレという微妙な距離感を上手く維持して、相手に誤解を与える言葉は使わずにはっきりとセフレという明確な関係をアピールする事が重要になります。

会話をつなごう

セフレ募集アプリで出会いを見つけるには、時期がとても大切なのです。
女性達には沢山のメールが送信されているのです。
大方大抵の女性達は、その全部のメールを読んでいる訳ではありません。
そうしているとどんなに時間があっても足りないでしょうね。
ですから、初めのメールは文章が大切です。
時期が大切なのです。

時期をみてきっかけを掴めたなら、その次にメールでのコミュニケーションが大切です。
なるべく短時間でメールが出来ると良いでしょう。
それは間が長くなってしまうとローテンションになってしまいますし、ライバル達に横
取りされる事もあるかもしれません。
そうならない為にも、異性からメールが来たら、なるべく文章は短めに早く送信する事が
ポイントです。

そうすると、次回のメールも即読んでもらえる確率は高くなり、またその次へと繋がる
事になります。
継続出来るだけメールをして、女性へあなたを強く印象付ける様にしてください。
ですが、メールしすぎたら女性が疲れてしまい返信がこなくなる事もあるので、そういう
状況の時には、少し待ってあげましょう。
疲れてしまっているのに、そこへメールしてしまうと余計にテンションを落とさせてしま
う事にもなり兼ねません。

次のメールが送信されてくるまで少し待って(一日位)それでも返信が無いなら、一度だ
けメールしてみましょう。

もしそれでも返信が無いのなら、残念ですが失敗してしまったのです。
スッパリと別の方を見つけた方が無難です。
時々、しばらくたってから返信してくる事もあったりしますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする